whereness:

declivity//k.zvonik//©whereness14
"カメラ雑誌立ち読みしたら、「増税前にレンズ買え」「高いレンズほど節税効果高い」「高級コンデジもいいぞ」と、沼に読者引きずり込んで殺す気満々なのすごかった"
"明日も自分に甘く、人に優しく生きたい。"
crucium:

190114 #150 (by chrisfriel)
"新人くんが書いた稟議を「誉めるところが見つからない」って突き返した上司も上司だけど、それを「本当ですか?もっとよく探して下さい。ここら辺とか」って再度突きつけた新人くんのメンタルタフネス見習いたい。"
"

ネットを通じてぼくらは初めて「他者」と出会ったんじゃないだろうか。ぼくらは始めて「あなた」じゃなくて「だれか」と出会った。これは画期的なことだ。電話や手紙の向こうにいたのはいつも「あなた」だったし、テレビが見せてくれたのは、いつも「わたし」だった。でも、ネットワークの向こうに居るのは、「あなた」でも「わたし」でもなく「だれか」なんだ。

具体的な対象ではなく、抽象的な第三者に対してメッセージを投げることができる、こんなことができたメディアはいまだかつてない(作者と読者の関係ににていなくもないが、読者にとっては作者は「だれか」ではない)。メールを送る瞬間や掲示板にメッセージを残すときに感じる、あのネットワーク全体にたいしてメッセージを投げているような不思議な感覚は、錯覚でも何でもない。

そう、変化したことはわかる。きっと誰にでもわかる。でもどこへ行くのかは誰も知らない。これを革命といわずして何と呼ぶよ?

"

ネットワークのむこう

さっきreblogした『人間はルーターである』を読んだら、isanaさんのこの文章を思い出したので。

(via vmconverter)

これまた懐かしいものを… これを書いたのは図らずも10年前の今日、2001年2月28日でしたね。

(via isana)

ですです>10年前。

でも、10年経ってるとは思えないほど新鮮に感じるな。

(via vmconverter)

(via rock-the-baby)

shesinacoma:

Françoise Hardy
artchipel:

Guy Catling | on Tumblr - Jackets